カテゴリー: lovesaijo

オフィス・フロリダスタッフグッズ販売開始

弊所代表が各種作業時に着る服が無いとの理由のみにて制作した、オフィス・フロリダグッズの販売が開始されました。

この際皆様からのご支援をどうかお願いします。

なお映画「ふたつの昨日と僕の未来」(2018年・大森研一監督)の公開を記念して作られた、映画ロケ地となった新居浜市の名喫茶店・アルプスのロゴグッズも当ショップにて引き続き販売中です。

この機会に是非ご検討くださいませ。

https://www.ttrinity.jp/shop/office_florida/

雑誌「インタビュー」12月号インタビュー担当 縫師・高橋直孝さん

弊所では地域の“人の情報誌”「インタビュー」にてインタビューおよび執筆業務を担当しております。

現在書店等で販売されている2021年12月号は新居浜太鼓祭りなど瀬戸内地域に広く行われる祭礼の山車に使用される刺繍幕とその作り手である縫い師の特集号です。

誌面に登場されるのは、梶内だんじりから梶内純治さん、梶内博史さんのお二人と、縫師・高橋直孝さん、縫箔師こやま・小山幸雄さん、金鱗の合田武史さんの5人です。

弊所では四国中央市在住で、史上最年少でえひめ伝統工芸士となり、昨年には「卓越した技能者 現代の名工」を受賞した高橋直孝さんにお話を聞きました。

未来を見据え、次世代のために太鼓台で培った技術を武器に世界に打って出る高橋さんの想い。

この機会に是非ご一読くださいませ。

広告会社ナレーション
https://narrations.jp/index.html

くるるさんワークショップ映像公開!

愛媛県在住の作家、くるるさんが西条森のようちえん参加の親子向けに行った小屋作りワークショップでは、海岸に漂着したゴミを拾い集め、小屋に装飾してステキな作品が完成しました。

弊所でその様子をダイジェストにした映像を制作しましたので、是非ご覧ください。

くるるさんワークショップの様子をダイジェスト版で公開中

雑誌「インタビュー」10月号インタビュー担当

弊所では地域の“人の情報誌”「インタビュー」にてインタビューおよび執筆業務を担当しております。

現在書店等で2021年10月号が発売されております。

今号では愛媛の名湯、湯之谷温泉顧問の東矢英二さんにお話を聞きました。

以下発行元ナレーション様WEBサイトより記事紹介を引用します。

–「地域に眠るお宝を活かす」湯宿湯之谷温泉 顧問 東矢英二 氏
約1400年の歴史ある湯之谷温泉。自然噴出100%の源泉かけ流しの湯は美肌効果も高いといわれ、古くから地元の方々をはじめお遍路さんたちの癒しとしても利用されてきた。数年前にリニューアルし装いは一変。古くからの歴史を感じるよう建材をリユースし、かつモダンな雰囲気でお客様をおもてなしする空間として生まれ変わり、全国からのお客様を呼んでいる。湯之谷温泉のリニューアルを手掛けたのは建築士であり、古い建物の再生や経営支援のプロ、東矢英二氏。。現在顧問として経営にも携わっている。名湯を楽しみ、くつろいでいただくための様々な工夫を仕掛ける東矢英二氏にインタビューしました。

この機会に是非ご覧くださいませ。

広告会社ナレーション
https://narrations.jp/index.html

湯之谷温泉
http://yunotani.cside.com

西条市中小企業等チャレンジ事業費補助金第2次公募

弊所が事務所を置く愛媛県西条市では間もなく「西条市中小企業等チャレンジ事業費補助金第2次公募」が始まります。

補助額は事業によって異なりますが下限2万円から上限100万円までのものもあります。


対象事業者は、西条市内に本社若しくは事業所を有する中小企業者や各種法人、個人事業主で、コロナ禍による売上減少の条件があります。


このうち弊所では各事業において、以下の様な動画制作、記事執筆のお手伝いをさせていただきます。


※提案例
【市場開拓型】商品開発の紹介動画、記事広告作成等
【業態転換型】オンライン配信用放送機材整備支援、新サービス紹介動画、記事広告作成等
【ブランド構築型】ブランド紹介動画、記事広告作成等
【人材確保支援型】採用動画、紹介記事作成等
お気軽にご相談、ご用命くださいませ。

※制度について詳しくは以下の西条市ホームページご覧ください。
https://www.city.saijo.ehime.jp/soshiki/sangyoshinko/saijochallengehojokin3.html

くるるwith工房オクノホソミチmeets西条森のようちえん

愛媛県松山市を拠点に全国で活動する作家くるるさんのワークショップの様子を撮影しました。

今回は海岸に漂着したゴミを親子で拾い集め、廃材に目や鼻をつけるなど装飾をして、木製の小屋に貼り付け、また塗装しました。

小屋の制作は西条市のDIY工房、オクノホソミチさんによるもので、西条森のようちえんが呼びかけた子供たちは思い思いに筆やカナヅチを手に取り一つの作品を創り上げました。

映像は完成および公開次第またお知らせいたします。

▼くるる
https://www.kururu-egoskk.com

▼工房オクノホソミチ
https://www.facebook.com/KoubouOkunohosomichi

▼西条森のようちえん
https://www.facebook.com/saijonomori

雑誌「インタビュー」にて執筆開始

弊所では地域の“人の情報誌”「インタビュー」にてインタビューおよび執筆業務の担当を開始いたしました。

現在書店等で2021年8月号が発売されております。

今号では「食べる竹林整備」に取り組み、メンマの加工商品「メンマチョ」を販売開始した山中裕加さんにお話を聞いております。

この機会に是非ご覧くださいませ。

広告会社ナレーション
https://narrations.jp/index.html

メンマチョProjec
thttps://menmacho.jp

ソトコトオンライン記事執筆 四国の軽井沢?日本のスイス?上浮穴郡久万高原町ってなんて読む?

現在弊所では「未来を作るSDGsマガジン」ソトコトのWEB版「ソトコトオンライン」にて記事を執筆中です。

今回のテーマは読めそうで読めない地名「久万高原町」。

「四国の軽井沢」「日本のスイス」などと称される久万高原町について詳しく話を聞ききました。

よろしければこの機会にご覧ください。

https://sotokoto-online.jp/local/5790

ソトコトオンライン記事執筆 愛媛が生産量全国一位の「ツタンカーメンも食べた」世界最古の栽培植物はスーパー食物だった/君たちキウイ・パパイア・マンゴーのうち愛媛が国内生産量一位はどれだか知っているかね。

現在弊所では「未来を作るSDGsマガジン」ソトコトのWEB版「ソトコトオンライン」にて記事を執筆中です。

今回のテーマは愛媛が国内生産量一位の作物。みかんなどの柑橘以外の二つを取り上げています。

一つ目ははだか麦。大麦の一種はだか麦は愛媛県の西条、東温、松前などが産地です。
水溶性食物繊維β-グルカンが豊富ですので、腸内環境がよくなり、がんや動脈硬化の予防になります。
お米に混ぜた麦ご飯、麦味噌やお菓子などでお召し上がりください。

二つ目はキウイフルーツ。かつて1970年代にみかんの価格が暴落した際、転作したケースが多かったそうです。以来一大産地に。
ニュージーランド・ゼスプリ社と契約している農家もいるほどです。
キウイ自体は果物全体の国内消費が落ちる中でも、その食べやすさから健闘しています。

愛媛の誇るはだか麦とキウイについて、よろしければご覧ください。

愛媛が生産量全国一位の「ツタンカーメンも食べた」世界最古の栽培植物はスーパー食物だった
https://sotokoto-online.jp/6044


君たちキウイ・パパイア・マンゴーのうち愛媛が国内生産量一位はどれだか知っているかね。
https://sotokoto-online.jp/5709

ソトコトオンライン記事執筆 早く言いたい愛媛あるある。あの「あるある芸人」の出身地、愛媛のあるあるを聞いてみた

現在弊所では「未来を作るSDGsマガジン」ソトコトのWEB版「ソトコトオンライン」にて記事を執筆中です。

今回のテーマは愛媛あるある。

愛媛県松山市を中心に、職種・職域・企業の垣根を超えたビジネスパーソンのコミュニティである「たてヨコ愛媛」様のご協力をいただき、参加メンバーの中から30人の方にアンケートにお答えいただきました。

その回答をもとに愛媛県を掘り下げています。

是非ご覧くださいませ。

https://sotokoto-online.jp/5931

たてヨコ愛媛

https://tateyo.co