カテゴリー: 芸術文化イベント

映画「身近き、短き、家族かな」10月・11月に愛媛県内各地で上映

桝形浩人さん原作、劇団P.Sみそ汁定食の舞台作品を映画化した「身近き、短き、家族かな」が10月11月と愛媛県内各地で上映されます。

上映スケジュール:

10月30日 宇和島市コスモホール三間(岩城監督・桝形 舞台挨拶あり)

11月3日 砥部町文化会館(岩城監督・桝形 アフタートークあり)

11月6日 新居浜市あかがねミュージアム(岩城監督 舞台挨拶あり)

11月13日 四国中央市しこちゅ~ホール(岩城監督・桝形 アフタートークあり)

愛媛県松山市をロケ地に、新しい「家族の在り方」を問う、オカシな家族の、可笑しなモノガタリ。

この機会に是非ご覧ください。

https://kazokukana.com

ストーリー:

中年男・ヒロシが住むひっそりとした一軒家に、成長し大人になった子供たちが帰ってきた。

久し振りの再会に、精一杯のご馳走を振る舞うヒロシ。

家族が集う食卓は賑やかで幸せだった。それはどこにでもある家族の風景。

しかし、何かがオカシイこの家族・・・。

ヒロシのいないところで奇妙な打ち合わせをする子供たち。

帰省中の子供たちをよそに一人でどこかへ向かうヒロシ。

過激な親孝行を企む子供たち。子供たちの知らない家族の出来事を語り始めるヒロシ。

そもそも何故、今になって子供たちはヒロシのもとに帰ってきたのか?

ぶつかり合う本音の中、やがて明らかになる家族の目的とは———。

キャスト:桝形 浩人 奥村真友里 長本奈月 山田裕二 2B スオウアキラ

脚本・監督・編集:岩城一平

予告編:

挿入歌:「シアワセトハVocal&piano」宇佐元恭一

(台風により延期となりました)ガラパゴスZ 9月18日「ふりむけば壬生川」にて上映!

先日里帰り上映・舞台挨拶の行われた砥部町映画「未来へのかたち」や新居浜市移住推進ドラマ「ちょうどよい幸せ」の大森研一監督の最新作は地域×ゾンビ映画!?な「ガラパゴスZ」です。

その「ガラパゴスZ」がサカエマチHOLICでの上映に引き続き、愛媛県西条市内で行われるイベント内で上映されます。是非この機会にご覧ください。

ふりむけば壬生川2022

日時:2022年9月18日

場所:西条市食の創造館(西条市三津屋南2-54)

「ガラパゴスZ」上映詳細

(1)12:00上映開始

(2)13:00上映開始

(3)14:00上映開始

(4)15:00上映開始

小学生300円/中学生以上500円

上映時間30分

ガラパゴスZ

出演:忽那智俊 広瀬真寿美 大森研一

土井俊一 玉村竜誠 石見航平 皆尾裕 高田佳和

監督:大森研一

劇団大森組「村上海賊記」DVD化目指しクラウドファンディング

劇団大森組の旗揚げ公演「村上海賊記」のDVD化を目的としたクラウドファンディングが開始されています。

劇団大森組は、愛媛県砥部町を舞台にした映画「未来へのかたち」(大森研一監督)に出演した県内キャストが中心となり結成された新しい劇団で、9月17日から19日にかけて、砥部町で旗揚げ公演を行います。

今回コロナ禍による席数の縮小や会場に来られない方を考慮し、公演のDVD化を目的に支援を呼びかけています。

DVDの他、公演記念グッズ等が付いたコースもありますので、この機会に是非ご検討ください。

弊所ではDVD収録予定の稽古密着映像の制作を行なっております。

https://camp-fire.jp/projects/view/617442

劇団大森組旗揚げ公演「村上海賊記」

脚本:大森 研一

脚色・演出:土居 俊一

キャスト:

近藤 誠二(セインズクリエイト) 岩渕 敏司 齋藤 定彦(NonNom.)

大野 真依 清原 梨央(きみとバンド)

塩出 怜 てらたぬ。

忽那 智俊 高島 佑佳 兵頭 勇 兵頭 優子

古角 更紗 玉井 結華 中山 穂乃果 野口 聡璃

村上 詩勢 松永 一誠 林 美空 山崎 綾 曽我部 朋子

音楽: yas nakajima(中嶋 康孝)

振付:青井 美文

殺陣:大岩 主弥

照明:奥田 賢太(colore)

音響:武智 ゆうじ

舞台監督:辻内 達也

制作:新名 真裕美(にーな企画)

地域×ゾンビ映画!?「ガラパゴスZ」9月4日西条で初公開

愛媛県内での映画作りを多く手掛ける大森研一監督が、地域×ゾンビ映画に取り組み、30分の短編作品が完成しました。

この度西条市のコワーキングスペース「サカエマチHOLIC」の2周年を記念した文化祭イベントにて国内初上映されます。

この機会にぜひご覧ください。

ガラパゴスZ西条上映会(サカエマチHOLIC文化祭内)

日時:2022年9月4日(日)19時より

料金:小学生以上500円

場所:サカエマチHOLIC(愛媛県西条市大町1663/0897-47-6943)

https://sakaemachi-holic.com

施設に駐車場はございませんが、付近の銀座街・栄町商店街駐車場ご利用の方には駐車コイン(通常200円)を100円で販売します。

上映後、制作を担当した弊所代表によるアフタートークを行います。

アフタートーク参加ご希望の方は会場にてドリンクの注文をお願いします。

この他サカエマチHOLIC2周年記念文化祭では、各種イベントが行われます。

詳細は画像、WEBサイトをご覧ください。

https://holic-2nd-anniversary.info/

映画「虹色はちみつ」予告編公開中

梅木佳子監督が香川県琴平町を舞台に「家族」をテーマに描いた映画「虹色はちみつ」の予告編がパナソニック社のYoutubeにて公開されています。

当映画は岩倉具輝さんを撮影監督に、全編パナソニック社のLUMIX S1Hにて撮影が行われました。

映画「虹色はちみつ」は現在、8月14日(日)の丸亀上映会のほか、9月10日(土)ウィルあいちでの「あいち国際女性映画祭2022」にノミネート上映、11月12日(土)東京都文京区シビック小ホールでの「梅木佳子監督作品上映会」などが予定されています。

最新情報は映画「虹色はちみつ」公式SNSにてご確認ください。

弊所は撮影スタッフとして当作品に参加いたしました。

映画「未来へのかたち」愛媛国際映画祭にて上映。伊藤淳史さん、吉岡秀隆さん、大森研一監督による舞台挨拶回あり

先頃DVDの販売も開始された映画「未来へのかたち」ですが、現在開催中の愛媛国際映画祭2022での里帰り上映が発表されました。

日にち:9月10日(土)

場所:砥部町文化会館

①11:00~(上映後舞台挨拶)

②15:00~(上映前舞台挨拶)

③18:30~(上映のみ)

11時、15時の回では、主人公・竜青を演じた伊藤淳史さんと、竜青の兄・竜哉を演じた吉岡秀隆さん、大森研一監督による舞台挨拶が予定されています。

この機会に是非ご覧ください。

なおチケット申し込み開始は8月1日からとなっています。

https://eiff-jp.net/film/mirakata22/

香川県琴平町舞台、映画「虹色はちみつ」完成・来月公開

香川県丸亀市在住の映画監督・梅木佳子さんが監督・脚本を務めた映画「虹色はちみつ」がこのほど完成しました。

映画の舞台となった琴平町での7月23日の町民向け上映会から順次公開されます。

ロケ地は金比羅宮の風情あふれる琴平町。うどん店で育った女子高生が幼き頃の境遇に似た少女と出会い、家族と向き合う物語です。

この機会に是非ご覧ください。

出演:辻千恵 鈴木咲

森恵美 山下ケイジ

品田誠 伊藤敬行 大久保藍 深堀久美子 櫛橋南美

監督・脚本・編集:梅木佳子

撮影監督:岩倉具輝

音楽:岡田春菜 

挿入曲:奥田さやか

エンディングテーマソング:舞子

弊所では昨年夏に行われたロケに撮影スタッフとして参加いたしました。

リンク先は本日掲載された四国新聞の記事です。

https://www.coolkagawa.jp/news/entry-2393.html

映画「身近き、短き、家族かな」6月3日よりシネマサンシャイン重信にて公開開始

映画「身近き、短き、家族かな」6月3日よりシネマサンシャイン重信にて公開開始となります。

3日と5日には岩城監督とキャストの皆さんによる舞台挨拶もあります。

桝形浩人さん原作、主宰劇団の舞台作品の映画化です。

この機会に是非ご覧くださいませ。

弊所は演出助手として当作品に参加致しました。

“コモビジョン”コンセプトムービー

年齢・職業・性別・国籍など、異なるバックグラウンドをもつキャストを市民から公募し、異文化理解をテーマとしたミュージカル「A COMMON BEAT」を制作・公演するNPO法人コモンビート。

表現活動によって、自分らしく・たくましく生きる個人を増やし、多様な価値観を認めあえる社会の実現を目指すNPO法人コモンビートは、自らのビジョンを「コモビジョン」としています。

この度、コモビジョンをある一人の主人公の物語に落とし込み、紹介するコンセプトムービーが完成・公開されています。

この機会に是非ご覧ください。

https://commonbeat.org/news/49181/

弊所では作家・高田ともみさんが紡いだストーリーを元に脚色し、録音および動画編集いたしました。

愛媛国際映画祭ワークショップ/愛媛県フィルムクリエイター養成塾成果作品「ともに生きる」

2021年度の愛媛国際映画祭のワークショップとして行われたフィルムクリエイター養成塾。

ワークショップ参加者の一人である愛媛県内子町小田地区在住の映像作家・Ko-ki Karasudaniさんの成果作品「ともに生きる」がこの度完成、公開されています。

氏が自ら移住して体感した小田の温かさが、情緒溢れる映像で描かれています。

制作経緯や過程、作品に込めた思いなど、是非リンク先からご覧くださいませ。

https://dahlia199537.wixsite.com/almonds/post/【自主制作】ともに生きる

弊所ではワークショップ主幹のヒメブタの会様のサポートとして当作品にスタッフ参加させていただきました。

写真はKo-ki Karasudaniさんホームページでの紹介画像および弊所撮影の当日メイキング写真です。