タグ: あかがねミュージアム

鳥の劇場 あかがねミュージアムで「どろぼうがっこう」公演

鳥の劇場が来年1月13日、新居浜市総合文化施設・あかがねミュージアムで親子向け公演「どろぼうがっこう」を実施する。

鳥の劇場は、演出家・中島諒人を中心に鳥取県鳥取市鹿野町の廃校となった小学校・幼稚園を手作りでリノベーションして設立された劇団であり、かつ劇団の運営する劇場。
200人収容の劇場と80人収容のスタジオをもち、「創る」・「招く」・「いっしょにやる」・「試みる」・「考える」の5本柱で年間プログラムを構成している。現代劇の創作・上演と併行して、ワークショップ、優れた作品の招聘、レクチャーなどを実施している。
2006年の設立以降、2008年には地域との協働による演劇祭「鳥の演劇祭」を開催。演劇・劇場にしかできないやり方での地域振興、教育分野への貢献のあり方を模索する活動が広く認められ、これまでに国際交流基金地球市民賞(2011年度)・第6回地域再生大賞ブロック賞(2015年度)・第30回山陰信販地域文化賞(2017年度)などを受賞している。

「どろぼうがっこう」は、かこさとし原作の絵本を元にした作品で親子向けに人気があると言う。

鳥の劇場「どろぼうがっこう」

公演概要は以下の通り。

「どろぼうがっこう」
どろぼうの勉強をするためのがっこう「どろぼうがっこう」。そこに通う生徒たちはある夜、先生と一緒に楽しい遠足に出かけるのですが・・・
開催日:1月13日(日)
時間:13:30開演(14:30終演予定)
料金:500円(※3歳未満は無料)
定員:200席
会場:あかがね座(多目的ホール)
お問い合わせ:あかがねミュージアム(0897-31-0305)

またあかがねミュージアムでは、鳥の劇場と鹿野町との関わりやこれまでの活動内容を紹介する展示を開催している。展示は1月14日まで。公演前後に見ることでより理解が深まりそうだ。

鳥の劇場
http://www.birdtheatre.org

あかがねミュージアム(公演イベントページ)
http://www.akaganemuseum.jp/event/鳥の劇場による親子で楽しめる演劇「どろぼうが/

あかがねミュージアム(展示イベントページ)
http://www.akaganemuseum.jp/event/鳥の劇場公演「どろぼうがっこう」関連展示-『-9/

新居浜市の魅力発信フリーペーパー #ニイハマ 発刊 スペシャルインタビューに水樹奈々

この度、”新居浜市の魅力発信フリーペーパー” 「# ニイハマ」が新居浜市役所から発刊された。

表紙

新居浜市の公式サイト
https://life.city.niihama.ehime.jp/magazine/
によると
「#ニイハマ」は、心ひかれるまちの表情や、いきいきとした市民の暮らしぶりを発信するフリーペーパー。 移住・定住ポータルサイト「新居浜Life」とリンクしながら、新居浜の新しい魅力をお届けします。風通しの良い、このまちの雰囲気を感じてください。
とのこと。

第1号では声優・歌手で新居浜ふるさと観光大使を務める水樹奈々によるスペシャルインタビューが掲載されているほか、新居浜の変遷を「別子銅山」のローズレッドから「Hello!NEW新居浜」のブルーへと「まちの色」で紹介している。

水樹奈々はインタビューの中で「新居浜の自由な気風が私の個性を伸ばしてくれた」「今の私があるのは新居浜のおかげ」と力強く語り、最新シングルに収録されている新曲「サーチライト」(映画「ふたつの昨日と僕の未来」主題歌)には「自分と向き合い、困難を乗り越えて行く」という一番伝えたいメッセージと共に、新居浜への愛を込めていると話した。

p8-9

新居浜の魅力的な女性を紹介するコーナーでは、新居浜発人気インテリアブロガーで整理収納コンサルタントの瀧本真奈美の暮らしぶりが明らかに。新居浜の魅力はストレスフリーさにあると言う。
また新居浜への移住者を代表して俳優・清水善三夫妻が移住のメリットを語る。

A5サイズフルカラー32ページにわたる「# ニイハマ」は市の進める移住促進・シティプロモーションの一環として制作され、市内外で配布される。
またWEB版もあり、https://life.city.niihama.ehime.jp/magazine/から自由に閲覧できるほか、親サイトとも言える「新居浜Life」では移住者のインタビューを詳しく見ることもできる。

p26-27

掲載されたモノ・コト・ヒトは以下の通り。
【表紙】東平第三変電所跡(別子銅山近代化産業遺産)
【p2-3】あかがねミュージアム
【p4-5】水樹奈々(声優・歌手・新居浜ふるさと観光大使)インタビュー
【p6-7】棹銅(ローズレッド)Hello!NEWロゴ(新居浜ブルー)
【p8-9】東洋のマチュピチュ(東平貯鉱庫・索道停車道跡)
【p10】住友のレジェンド 広瀬宰平・伊庭貞剛・鷲尾勘解治
【p11】ニイハマ写真部
【p12-15】別子銅山記念図書館・日暮別邸記念館・旧端出場水力発電所・旧広瀬邸・工場群の夕景・旧山根製錬所煙突(えんとつ山)
【p16-17】瀧本真奈美(整理収納コンサルタント)
【p18-19】高田ともみ(ママと暮らしのデザイン社代表)
【p20-23】みんなのコーヒー・アルパカ珈琲店・COOK’S Cafe&Deli・コゴマフキン・Cafe La Miell
【p24-25】新居浜硝子・えび天・えびちくわ・あかがねワッフル・抹茶モブレ・愛あるリキュール愛媛みかんde酒
【p26-27】清水善三・清水眞琴・森田まどか
【p28】お試し移住・新居浜Life
【p29】新居浜映画「ふたつの昨日と僕の未来」
【p30】プレゼントコーナー(成田・松山往復航空券とリーガロイヤルホテル新居浜1泊朝食宿泊券のセット、新居浜硝子、どら一、えび天・えびちくわセット、愛あるリキュール愛媛みかんde酒)
【p31】新居浜map・アクセス
【裏表紙】クレジット

問い合わせは、新居浜市企画部地方創生推進課まで(0897-65-1238)