カテゴリー: 砥部町

映画「身近き、短き、家族かな」10月・11月に愛媛県内各地で上映

桝形浩人さん原作、劇団P.Sみそ汁定食の舞台作品を映画化した「身近き、短き、家族かな」が10月11月と愛媛県内各地で上映されます。

上映スケジュール:

10月30日 宇和島市コスモホール三間(岩城監督・桝形 舞台挨拶あり)

11月3日 砥部町文化会館(岩城監督・桝形 アフタートークあり)

11月6日 新居浜市あかがねミュージアム(岩城監督 舞台挨拶あり)

11月13日 四国中央市しこちゅ~ホール(岩城監督・桝形 アフタートークあり)

愛媛県松山市をロケ地に、新しい「家族の在り方」を問う、オカシな家族の、可笑しなモノガタリ。

この機会に是非ご覧ください。

https://kazokukana.com

ストーリー:

中年男・ヒロシが住むひっそりとした一軒家に、成長し大人になった子供たちが帰ってきた。

久し振りの再会に、精一杯のご馳走を振る舞うヒロシ。

家族が集う食卓は賑やかで幸せだった。それはどこにでもある家族の風景。

しかし、何かがオカシイこの家族・・・。

ヒロシのいないところで奇妙な打ち合わせをする子供たち。

帰省中の子供たちをよそに一人でどこかへ向かうヒロシ。

過激な親孝行を企む子供たち。子供たちの知らない家族の出来事を語り始めるヒロシ。

そもそも何故、今になって子供たちはヒロシのもとに帰ってきたのか?

ぶつかり合う本音の中、やがて明らかになる家族の目的とは———。

キャスト:桝形 浩人 奥村真友里 長本奈月 山田裕二 2B スオウアキラ

脚本・監督・編集:岩城一平

予告編:

挿入歌:「シアワセトハVocal&piano」宇佐元恭一

劇団大森組「村上海賊記」DVD化目指しクラウドファンディング

劇団大森組の旗揚げ公演「村上海賊記」のDVD化を目的としたクラウドファンディングが開始されています。

劇団大森組は、愛媛県砥部町を舞台にした映画「未来へのかたち」(大森研一監督)に出演した県内キャストが中心となり結成された新しい劇団で、9月17日から19日にかけて、砥部町で旗揚げ公演を行います。

今回コロナ禍による席数の縮小や会場に来られない方を考慮し、公演のDVD化を目的に支援を呼びかけています。

DVDの他、公演記念グッズ等が付いたコースもありますので、この機会に是非ご検討ください。

弊所ではDVD収録予定の稽古密着映像の制作を行なっております。

https://camp-fire.jp/projects/view/617442

劇団大森組旗揚げ公演「村上海賊記」

脚本:大森 研一

脚色・演出:土居 俊一

キャスト:

近藤 誠二(セインズクリエイト) 岩渕 敏司 齋藤 定彦(NonNom.)

大野 真依 清原 梨央(きみとバンド)

塩出 怜 てらたぬ。

忽那 智俊 高島 佑佳 兵頭 勇 兵頭 優子

古角 更紗 玉井 結華 中山 穂乃果 野口 聡璃

村上 詩勢 松永 一誠 林 美空 山崎 綾 曽我部 朋子

音楽: yas nakajima(中嶋 康孝)

振付:青井 美文

殺陣:大岩 主弥

照明:奥田 賢太(colore)

音響:武智 ゆうじ

舞台監督:辻内 達也

制作:新名 真裕美(にーな企画)

映画「未来へのかたち」愛媛国際映画祭にて上映。伊藤淳史さん、吉岡秀隆さん、大森研一監督による舞台挨拶回あり

先頃DVDの販売も開始された映画「未来へのかたち」ですが、現在開催中の愛媛国際映画祭2022での里帰り上映が発表されました。

日にち:9月10日(土)

場所:砥部町文化会館

①11:00~(上映後舞台挨拶)

②15:00~(上映前舞台挨拶)

③18:30~(上映のみ)

11時、15時の回では、主人公・竜青を演じた伊藤淳史さんと、竜青の兄・竜哉を演じた吉岡秀隆さん、大森研一監督による舞台挨拶が予定されています。

この機会に是非ご覧ください。

なおチケット申し込み開始は8月1日からとなっています。

https://eiff-jp.net/film/mirakata22/